スポンサードリンク

顎変形症

顎変形症とは?

顎変形症として顎変形、発育異常のうち最も多く見られるのが、上顎骨の劣成長あるいは下顎骨の過成長または前方偏位によっておこるいわゆる下顎が出っ張った「下顎前突症」というもので、特に日本人は発症率が高いそうです。

また、顎変形症には遺伝的要素が強いです。

そして、顎変形症は上・下顎骨の成長によってアンバランスに寄ってなる得発性のものと、唇顎口蓋裂、巨舌症、crouzon病などにより二次的あるいは続発的に成長発育を妨げられたことにより生ずるものがみられます。

また顎変形症とは、原因が多種多様のため今だ解明されていない点も多々あるそうです。

顎変形症

顎変形症の原因

顎変形症がなぜおきるのかと言うのは、いまだ不明のものが多いらしいのですが、その中でも原因の1つとしてあげられているのは、幼児期に始まった指しゃぶりです。

指しゃぶりには、良い点も上げられているのですが、あまり酷く指しゃぶりを長く続けていたり、激しく指しゃぶりを行うということは顎変形症になりやすいということがわかってきています。

また、顎骨の成長発育期に加わった障害も原因として挙げられています。

この障害というのは、骨格的に頭蓋骨に対して上顎骨あるいは下顎骨が過成長、劣成長、成長方向及び位置の異常によって生ずるものです。

このような原因が今現在でわかってきています。

顎変形症

顎変形症の方の悩み・治療目的

顎変形症の方の悩みは実際のところはその方しかわからないことなのかもしれませんが、多くの方が口にしていることは、食事が充分取れないとか、人前で歯を出して笑えない、笑っている写真が少ないなど、心の悩みを持っている方がほとんどです。

もちろん、食事摂取、咀嚼が不十分であれば病気がちにもなるでしょう。

悩みがその人に大きければ胃潰瘍にだってなると思います。

いつも節目がちになっていれば暗い人と思われがちです。

治療目的はとかく顔貌や審美的なものにとらわれがちになってその要求も強くなってきています。

本来の目的は顎の骨の成長が過ぎたりあるいは足りなかったことによる「よくかめない」などといった障害の除去であり、話をする、何でも良く噛み食べられるといった当たり前のことができるようになることです。

その当たり前のことが出来るようになるために顎変形症の治療は行われているのです。

顎変形症を克服した方には、その喜びをぜひ知ってほしいですね。

顎変形症

顎変形症の治療法

顎変形症になってしまった場合、多くは遺伝によるものとされていますが、その治療目的は変形をなくし、咬合を改善、回復することにあります。

そこで、まずは必要に応じて咬合不全改善のための歯列矯正や歯科治療が行われます。

まずは、近くの歯科医院あるいは歯列矯正を専門とする歯科医院に相談することが先決かと思います。

それから、本格的な治療に入っても遅くはありません。

そこでの治療でも、目的が達せられない場合、つまり骨格的ズレが大きい場合にはそれに続いて手術により顎顔面の変形を治し、咬合を改善、回復することになります。

この手術は外科的顎矯正手術と呼ばれ、この方法は世界的にも有名で治療法としても長く行われています。

しかし、顔には細分化された神経があり、顎変形症の治療は簡単なものではありません。歯科や整形外科などの専門医師と打ち合わせしながら、顎矯正治療を進めていってください。

難しい手術であることは間違いないので慎重に行っていくことが大切です。

但し、顎変形症の場合、顎矯正治療自体には顔の表面に傷が残ることはないのでその辺は救われていることだと思います。

顎変形症

顎変形症を治療する前に・・・

まずは、顎変形症の予防からはじめることが大切かと思われます。

なぜなら、顎変形症の大半の人が悪習癖がある人なのです。

その癖を予防しないことには、治療してもまたなるかもしれない可能性があるということです。

その悪習癖は指しゃぶりなどですので、幼いときから小児科の先生などの協力も得ながらご家庭で予防することが可能かと思います。

また、扁桃肥大や鼻疾患による口呼吸や慢性副鼻腔炎なども将来的な悪影響などを説明理解することによって予防あるいは治療にかかることがとても重要になってくることだと思います。顎変形症を酷くしないためにもこの予防を行うことはとても効果的だと考えられます。

  1 2  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。